TOP > 仕様・性能 > あたたかい家

03あたたかい家

家をまるごと包み込む「先張り工法」で
夏は涼しく冬はあたたかくを実現。

インターデコハウスは、1階と2階の間、外壁の内側に切れ目なく気密シートを張る「先張り工法」を取り入れています。これにより日本全国どの地域でも、季節を問わず高い気密性を実現します。床下コンクリートを覆う防湿フィルムとあわせ、家中をすっぽり包み込みます。

「Low-Eコーティングの樹脂サッシ」で
家全体の断熱。

アルミと比較して熱を伝えにくい樹脂製のフレーム、窓ガラスにはLow-Eコーティングが施されたペア(複合)ガラスを採用しています。
樹脂の特徴は、まず熱伝導率が低いということ。熱を伝えやすいアルミに比べ、熱伝導率が1000分の1という優れた断熱性によって、結露が生じにくく、カビやダニの発生を防ぎます。また、塩害にも強く劣化しにくいためメンテナンスが楽なのも魅力のひとつです。

断熱材は火に強く万一の火災でも有毒ガスが発生しない
「エコ断熱材」を採用。

インターデコハウスの断熱材は、万一の火災時に有毒ガスが発生する不安がありません。また、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドが材料に含まれていないので、空気を汚さず室内空間をクリーンに保ちます。

高い断熱・気密性能を発揮し、年間光熱費の節約に貢献します。

注)UA値・C値はモデルホーム等で測定した結果であり保証するものではありません。

Contactお問い合わせ

0120-59-7660電話をかける

受付時間 10:00〜17:00

インターデコハウス松本・すわ /株式会社 長野テクノス

〒399-0033 長野県松本市笹賀7600-15
[Googleマップで地図を見る]

施工エリア
松本市、安曇野市、東筑摩郡、大町市、北安曇郡、塩尻市、木曽郡、上伊那郡、下伊那郡、飯田市、駒ヶ根市、伊那市、岡谷市、諏訪市、諏訪郡、茅野市、ほか