TOP > 家づくりストーリー > T様邸

キッチンの手前は団らんスペース
奥は子どもたちお気に入りのスペース

T様邸

ご家族構成:ご夫婦、お子様2人

黄色の外壁が美しいT様邸。庭にはバーベキューセットがあり、
ご家族で楽しんでいるご様子。
住み始めて約1年の親子4人にインタビューしました。

Interview.01家を建てるきっかけは?

はじまりは「子ども部屋がほしいな」
決め手は“押しが弱い担当者”(笑)
まさに運命の出会いでした。

きっかけは子どものこと。
ヨーロッパデザインの外観にも魅了されました。

ご主人:以前はアパート住まいだったんですが、子どもも大きくなってきて子ども部屋が欲しいなという話が始まりでした。そんななか、住宅展示場を見たり住宅雑誌を見たりしているうち、妻が一軒のヨーロッパデザインの外観にすっかり魅了されてしまったんです。

奥様:それがインターデコハウスだったんですが、とにかく色といい、デザインといい素敵な外観で、ビビビって電流が走ったのを記憶しています。まさしく運命の出会いですね。

ご主人:実際に見に行って、中に入ってみると私もすっかりインターデコハウスが気に入ってしまったんです。でも、それ以上に気に入ったのは担当のSさんでした。なにか“押しが弱い”というか(笑)、それまでに会った住宅会社の営業さんとは全く違ったタイプだったんです。

奥様:普通、営業さんてグイグイ押してくるじゃないですか。ウチでやってくれ、ウチの家こそ最高だと。そういうのにウンザリしていたところに、なんか「ウチで建てれば?」みたいに余裕満点でドンと構えてる。
恋愛と同じで、しつこく言い寄られると引いてしまうけど、逆に軽くあしらわれると気になるみたいな。ツンデレってやつですかね(笑)。

ご主人:それでいて、細かいところまで丁寧に説明してくれるんです。それで「あぁ、この人は本当にこの家に惚れ込んでいるんだな。気に入ってもらう自信があるから、あえて強く売り込まないんだな」と気づいたんです。

Interview.02大変だったことは?

目の前の道路はなんと6家族の共有・・・
私道で担当のSさんの1年がかりの粘り強い交渉で、
素敵な家ができあがりました。

共有道路や立ち退き問題など、問題が山積でした。

ご主人:インターデコハウスで建てることは早々に決まったものの、実はこの家の着工までには1年ほど間があったんです。いろいろ問題が発生しましてね。

まず、道路が私道で、6人の共有道路だったんです。この6人全員の了解をいただかないと着工する事ができなかったんですね。それを、担当のSさんが地道に掛け合ってくれて、全員のハンコをいただいたんです。
こんな大変な作業をもし自分でやろうとしたら・・・そう考えると、本当にありがたかったですね。

奥様:なんとか着工にこぎつけられたのは、やっぱりSさんのお蔭です。その間もいろいろ相談に乗ってくれましたし、たくさんお骨折り頂いたことに本当に感謝しています。

Interview.03こだわったことは?

家族が一番長く過ごす
キッチンとリビングが一番のこだわり。

可愛くてスグレモノのキッチンは、子どもたちにも大人気です。

奥様:この家で一番気にいっているところは、やっぱりキッチンですね。タイル使いがとっても可愛くて、自慢です。カウンターをつけてもらったので、朝の忙しい時はここで食事をとれるようにしたんですよ。
パソコンでレシピを探すのにも丁度いいんです。子ども達にも目が届くし。

ご主人:インターデコハウスはもともと断熱性能がいい。でも家族が一番長く過ごすのはLDKだから、ここをしっかり快適にしようと、床暖房を奮発しました。一番下の子に「この家のどこが好き?」と聞くと、「一番ここが好き!」って答えるんですよ。

前の家では、窓の結露が凄くて、カーテンが濡れるほどだったけど、この家では結露が全然無いのもいいよね。ごろんと床に寝っころがってゴロゴロしている幸せ。これが家族の幸せなんだー!って実感するひとときですね。

奥様:この空間で家事もできるし、家族とも過ごせるし。呼ばなくたって自然とみんなが集ってきますよね。よそのお家では、子ども部屋にこもりっきりのお子さんも多いようですけど、うちでは今のところしっかり家族団らんを満喫しています。

これから子どもたちはどんどん成長して、ライフスタイルもいろいろ変化していくと思うんです。それに合わせて家にも手を加えて、暮らしをエンジョイしていけたらいいなって思っています。バーベキューできるスペースを作ったり、ガーデニングや家庭菜園を楽しんだりなんて。

ご主人:私はDIYが趣味で、これまでもピアノ台や椅子、ウェルカムボードなんかも作って楽しんでいます。デコさんが定期的にDIY教室を開催してくれてるので、そこに参加して作ったものも多いんです。

建てた後も、そういうコミュニケーションの場があるのはいいですよね。わざわざ電話では言いにくい些細なことって出てくるじゃないですか。イベントに参加したついでに「あ、そういえばここってどうなの?」といろいろと相談しています。

考えてみたら、DIYや家族の成長に合わせて手を加えていく…こういう事が楽しめるのも、マイホームを持ったからなんですよね。家は一生涯遊べるでっかい玩具なんじゃないかなって、最近思っています。

  1. 01

    「選んだ一番の理由は担当者さんです」

    H様邸

  2. 02

    「家族も猫もみんなが喜ぶ家です」

    S様邸

  3. 03

    「お気に入りのLDKで家族だんらん満喫中」

    T様邸

  4. 04

    「古いものを大切に使い続ける暮らし」

    M様邸

  5. 05

    「20代だからできる家づくり」

    Y様邸

Contactお問い合わせ

0120-59-7660電話をかける

受付時間 10:00〜17:00

インターデコハウス松本・すわ /株式会社 長野テクノス

〒399-0033 長野県松本市笹賀7600-15
[Googleマップで地図を見る]

施工エリア
松本市、安曇野市、東筑摩郡、大町市、北安曇郡、塩尻市、木曽郡、上伊那郡、下伊那郡、飯田市、駒ヶ根市、伊那市、岡谷市、諏訪市、諏訪郡、茅野市、ほか